映画「グリーンブック」

白人のトニーと黒人のシャーリーの心の触れ合いを描いた映画 シャーリーは世界的なジャズピアニストでトニーは彼の演奏旅行のための車の運転手となる シャーリーは教養があり礼儀が正しく冷静、トニーは教養がなく礼儀もないが人情があり人望も厚い

トニーが、シャーリーのピアノをはじめて聴いた場面が印象的。

そこが心の交流の起点であったように見えた。

肌の色も、使う言葉も、教養の量も、違う、そんな彼らを繋いだのは、音楽だった。

遠い存在のように思えたシャーリーから、演奏されるピアノを通して、心の奥底に通底する何かをを感じたのだろう。

違ったのは、表面上だけ。

表面上の違いにとらわれず、心のバイブスを感じるアンテナを持っているトニーは、素敵であるな、と。

コメディを撮っていた監督が描いただけあって、差別の題材がありつつも、ある程度ライトに見ることができる。

そんな監督が作り出した笑いは、教養の違いからくる会話の違いだった。

教養のないトニーは、シャーリーの言葉を理解できず、トンチンカンなことを言ったりする。

人間同士のあらゆる違いを、適切な笑いで包み込むというのは1つの技量でもあるし、人間力のようにも思える。

そういう部分も、1つの”教養”なんじゃないかな、と思ったり。

トニーのことを、「教養のない」という風に形容しはしたが、

自分としては、その表現には、待ったをかけても良いかもしれない。

なぜなら、トニーは、人間としての教養を身につけている人とも言えるから。

私ごとですが、人同士の違いを埋め得るものは、音楽か赤ちゃんのどちらかだなと思ったりしてます。

By @Hidemaro in
Tags : #日記,