小説「サブマリン」

伊坂幸太郎の小説。サブマリン。

ストーリーも世界観も登場人物も、自分が好きな伊坂幸太郎ど真ん中という感じの小説がして、とても懐かしい気持ちになった。

中高生のとき伊坂作品を読み続け、 伊坂作品の世界に憧れを持って、 実際、今もこの世界観にあこがれはあるんだけども、 今の自分とあののときの自分は、もう別の人間だ。 けれども、サブマリンを読んでいるとき、小説を通して、 伊坂作品を読み漁っていた中高生の頃の自分を垣間見ることができたような、そんな気がした。 中高生のときの自分と、今の自分のつながりを感じて温かい気持ちになる。

この小説は、自分の大好きな伊坂作品のエッセンスがすべて詰め込まれていて、もう、読み進める瞬間瞬間の安心感たるや。 伊坂作品に多く登場する陣内さんのような人物像は、中高生以来の自分の憧れで、実際中高生の時以来、陣内さんのような生き方を意識してる。 伊坂幸太郎にそう感じさせる人物を描いてくれたことの感謝のファンレターを書いても良いかもしれない。

By @Hidemaro in
Tags : #日記,